ケータイ小説 野いちご

【続】子持ちな総長様に恋をしました。

1st ~卒業~








【冷夏 side】





ピピピピピピピ…。




カチッ




目覚まし時計の音と共に、起床する毎日。




けれど、今日はいつもとは違うー…。





「眠いわね…。」




目を擦りながらマスターのいるバーへ
向かう。





30分だけはやく起きても、こんなにも
眠いのかとあたしは髪をときながら思う。





「よぉ、冷夏。さすがに今日ははやいな」





マスターはこんな朝から元気いっぱいだ。














< 1/ 254 >