ケータイ小説 野いちご

無敵ガール!1【2執筆中】

日常



朝から鳴り響く目覚まし時計。


「あ〜!もう、うるさいっ」




姫神 李衣、16歳。
一応、姫神財閥の令嬢。



朝一番、目覚ましを破壊。

いや、手で破壊したわけじゃないです。壁に投げました。

素手で壊すとか無理です。
私の手折れます。


コントロール選手権があったら優勝できるね!

一人でウキウキとしながら階段を降りていく。


「おはよぉー!」



「あ、李依おはよ♪」


「…何でいるの?」


そう、ここは私の家。なのに何故っ!?Why!?

なんで、なんで、

「陽花がいるのっ!?」



親友の南川 陽花。
てゆうか幼なじみ(?)


「何でってひどいなぁ。迎えにきたんじゃーん!」

ぷくぅーっと頬を膨らませる陽花

か、可愛い…!
くっそ…女子力負けた…



「着替えてくるわ〜」



私は現実逃避しながら部屋に戻る。




< 2/ 143 >