ケータイ小説 野いちご

初愛

初愛
3

「え?……まだやってないの?」
「なんで?」
「もうやったんだと思ってたわ」


長い長い夏休みは過ぎてしまえば、あっと言う間だった。
2学期の始業式を終えて、佳代ちゃんの家に集まっている。


「宿題が出来てないみたいな、簡単な言い方しないでよ。
私に聞いてもわかんないわよ」

今日は五月ちゃんと順ちゃんとミッチに加えて佳代ちゃんからも質問責めで、頬を膨らませた。


「菜緒から迫れば?」


順ちゃんの発言に
3人はキャーと高い声をあげ
私は更に頬を膨らませた。



< 37/ 206 >