ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

『生んで終わりじゃねーのよ』 出産・育児 働くオバちゃんの奮闘記

はい、始まりましたよ

お産、それは生命の神秘。


十月十日(とつきとうか)、正確に言えば39週間、子宮の中で育んで来た命との対面の瞬間。


えー、私はここに来てN産婦人科について恐るべき事実を知りました。


美容院に行った際、またお姉さんと話をしましてね。


「予定日7月始めなんですよぉー」
「へー、でもあそこ1週間から2週間は早く生ませるわよ」
「は? 」
「その方が、赤ちゃんの健康にいいんですって」


談志の隠し玉、サクレツ。


以下、談志のご説明。


『出産予定日の1週間を過ぎてしまうと、胎盤(赤ちゃんとお母さんをつなぐ器官)が古くなり、血液の循環も悪くなる。よって、当病院では予定日よりも早く出産をさせる』


やっちまったよ、って事は、産前休暇がわずか3週間で終わりじゃん。



< 55/ 572 >