ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

『生んで終わりじゃねーのよ』 出産・育児 働くオバちゃんの奮闘記

全ての始まり

結婚してしばらく旦那と2人で1年半生活し、義理両親と同居するための家も建て、3ケ月……。


そろそろ、子供でもと思ったワケです。


まあ、2年目に入るし、子供好きだし、下町なので近所の目もあるし、という理由で。


で、基礎体温とかなーんも付けちゃいない嫁は、おもむろに『基礎体温計・記録機能付き』という文明の利器に頼りました。


「これさえあればー、楽勝じゃね? 」


みたいなノリで。


ええ測りましたよ、寝床の中で毎朝毎朝。


しかーし、この体温計の機能が良すぎて、ちーっとも意味が分からないんですわ。


何を隠そう、高校時代の授業の全てを寝る事で放棄し、保健体育の『母体の中で、胎児はどのようにして入っているでしょうか? 』という絵を描かなくてはいけないテストで、思いっきり頭を上にしている逆子を描いたレベルですから。


まあ、成長期に人の倍以上寝たおかげか、背は伸びましたけれども。







< 1/ 572 >