ケータイ小説 野いちご

てのひらの温度

Sec.4 サガシモノ


「ひとつ聞いていい?」


なんとなく沈黙が続いていたが、座席がだんだんと埋まってきた頃、再び紺が口を開いた。時刻は正午を回り、一時になろうとしている。


「嫌」

「え」

「嘘。いいよ、聞いて」


さっきから後ろの席のOLらしき二人組の話し声がぺちゃくちゃとうるさい。課長がうざいだの、イイ男がいないだの、よくもまあ話が続くもんだ。


「仕事も辞めて、携帯も置いてきて、ウタのこの旅の目的は何?」


…目的、ね。そんなのむしろ私が聞きたいくらいだよ。あったらとっくにそこに向かってる。


「なんだろうね」

「“自分探しの旅”とか?」

「勝手に安っぽい名前付けないでくれる」

「俺そうゆうの好き」

「あ、そう」


自分探し。って、一体なんだろうね。そもそも見つけなくちゃいけないものなの。それ以前に見つかるものなの。

そんなことを考える前に人生が始まってしまうから、後になって混乱してしまうんじゃないか。見切り発車もいいところだ。


やり直したいとは思わない。でも、壊したいとは思う。

< 35/ 70 >