ケータイ小説 野いちご

私とあいつの関係 *ステキな婚約者*

two love♡
転校初日、そして颯真の人気 *華音side*

 車に揺られて20分弱。



 私はいつもと違う通学路をぼーっと見ながら乗っていた。




 一宮学園はあのマンションからそう遠くはないらしい。



 あと、颯真の家はこっち方面とは逆にあるらしく、方向が同じな佐々木さんが送り迎えをしてくれるみたい。




「華音様、颯真様。もう少しで着きますよ」



 佐々木さんがいつも通りの優しい口調で言った。



「はい。ありがとうございます」





 ……なんか気づいちゃったんだけど……。

< 63/ 339 >