ケータイ小説 野いちご

7年越しのラブストーリー

クリスマスの出来事

真尋くんとの交際も順調なまま(と言っても1度も会えず電話のみ)、12月に入った。
期末試験が終われば、すぐに冬休みだ。
冬休みに入れば、クリスマスや年末年始があり、楽しみがいっぱいだ。

そんな中、真尋くんからデートに誘われた。
場所は東京。
映画の試写会。
24日の午後3時から。
もちろん、すぐにOKの返事をしたけど、次に真尋くんから言われた言葉に固まってしまった。

「泊まりの支度してこいよ。冬休みに入ってるんだし、大丈夫だろう。
あっ!
今回泊まるのは、春輝の部屋じゃなくて、俺の部屋だからな。
いろいろ覚悟を決めて来いよ。
もちろん、千夏の覚悟がつかないなら、俺も我慢するつもりだけど」

えっと…
これは、そういうことなのでしょうか…

< 139/ 233 >