ケータイ小説 野いちご

芸能人とスキャンダル!?―ありえない恋―

私の彼は芸能人。


『ほんまごめんっ!!』


電話越しに必死で謝る彼、


「大丈夫だよ?急な仕事なんでしょ??仕方ないよ。」


『でも・・・』


何か言いたそう・・・、


けど、そんな気持ちも遮れる。


『作田さーん入ってくださーい』

スタッフさんの声・・・。


「呼ばれてるよ・・・?早く行かないと・・・、」


『・・・せやな・・・。ごめんな笑美、』


「大丈夫だって!!ほら早くっ!!」


『うん、』


ーツーツー。


その言葉を最後に、電話は切れて、虚しく機械音だけが響いてた。


< 1/ 304 >