ケータイ小説 野いちご

夏風

優しい彼





ドーンドンドーン!
ヒューーーー、ドーーン!



今年も町で行われる大きな花火大会が始まった。



「わぁー!花火ちょーきれいだねー」



「やっぱ花火っていいよなー。」



「花火見てるとなんか癒されるよねー!」



私たち3人は幼稚園からの幼なじみで毎年3人で花火を見に行っている。
そしてこの会話も何回目になるだろう。数える気にはならないが、毎年恒例となっていた。



私は南平牛久中、通称南中の1年生
沙倉千尋。私の右隣にいるのが同じ学年の宮村柊真。そして左隣にいるのは1個上の錦杏菜。



ついでにそこにいるのが私のおばあちゃん。



「ほら、ちひろちゃん。おばあちゃんスイカ切ってきたから食べといてな」



「はーい!ってわけだからスイカ食べよ!」



「そーだな。ちひろはスイカ大好きだしな。」



柊真はいつも返事がそっけない。でもそっけないからこんなになかよくなれたのかもしれない。



あの時、私を救ってくれた人だから。




< 1/ 10 >