ケータイ小説 野いちご

光殺 -光ヲ殺ス蛍編- Ⅰ【大幅修正&加筆完了】

光殺シリーズ03
始まる軌跡



【死鬼:星野 生(静星 蛍)】



目の前に置かれたのは豪華な食事



……だが、数が多すぎる



これが朝ご飯なのかと疑いたくなる様な…



照『…食べれないの?』



照は平然と食べ続けている



無理だよ、、こんな食える訳ねぇ…



不味いとかそーゆー意味じゃない…




限度…限度考えろよ…!



これ、、『作りすぎちゃった~♡』で、
許される問題じゃねぇーからな?!



これ作った奴…シメる!



いや…誰が作ったかなんてどうでも良い



照『……お前マジで食えねぇのかよ』



どこか冷たいと感じた言葉




< 77/ 250 >