ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君に恋をするなんて!?

人生初の告白!?








春。


出会いの季節。

別れの季節。





そして―――――



『恋』の季節。









私はこの季節が大嫌いだ。


なぜなら、誰もが浮かれ、訳もなく笑みをこぼし、そして『愛』を求めよ うとするから。


『愛』何てものは宛にならない。


所詮、『愛』何かには影も形もないもの。

自分が『好きだ』といって、相手が返してくれればそれでもう満足。
只の自己満足なのよ。きっと。




私は、ずっとそう思っていた。








―――――そう思っていた、はずなのに。












< 1/ 1 >