ケータイ小説 野いちご

カプリチオ

一章
one

黒髪に蒼い眼、筋の通った鼻に形の良い唇。
加えて全身から溢れ出す色気。

それが初めて俺を見た人の俺の印象だそうだ。

顔が綺麗に整っていて背も187cmと高い。

蒼眼で見つめられた時は緊張して体が硬直してしまい、流し目をされた時は鼻血もの。



……なんだとか。


確かに俺は普通の人よりは格好いいと思うが、キャーキャーと黄色い奇声を上げられるまで整っているわけではないと思う。

家族(主に兄)はその主張を「お前その顔で中の上だったら普通の人は虫かよ」と全力で否定するが。

…虫はないと思う。


< 1/ 23 >