ケータイ小説 野いちご

幕末オオカミ 第二部 京都血風編

第二章
・新派加入



元治元年 9月(現暦10月)。


だいぶ涼しくなってきた京の街。


あたしは監察の仕事を終えた後、山南先生の部屋を訪れた。


「山南先生、お邪魔しても良いですか?」


「ああ……どうぞ」


声をかけると、部屋の中から元気のない声が帰ってくる。


それが、いつものことになってしまった。


あたしは、できるだけ笑顔で、お茶とお菓子を持って先生の部屋に入る。


「どうしたんだい?」


「またよくわからないところがあって」


「どれどれ」



あたしは、古本屋で調達してきた源氏物語を先生に差し出す。


もともと読み書きが得意でなかったあたしに、山南先生は優しく教示してくれた。


「楓くんは勉強家だなあ。

どんどん綺麗になっているみたいだし、総司がうらやましいよ」


「え、やだなあ。からかわないでくださいよ」


こうして軽口をたたいてくれるのは、比較的気分が良い証拠だ。


優しい山南先生は誰にも八つ当たりをすることがない代わりに、ふさぎこんでしまうから心配なんだよね。





< 71/ 404 >