ケータイ小説 野いちご

甘い蜜を

ブロローグ
俺だけでも...

俺は咲を抱きしめ




咲に受け入れてほしくて




自分も咲の父親と同じ吸血鬼




そんな簡単に受け入れてもらえないと思ってた




けど咲は肩を震わせながら




泣き出した




そんなに追い詰めて生きてきたんだ




俺には分からないことばかりで




どーすればいいか分からない




側にいてやりたい



咲をもう一人にしたくない






< 22/ 57 >