ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

鬼麟2

第二章
蒼side

きっと、不幸とかそういうものは誰にでも振りかかる。
それは人と比べるものじゃなく、本人からすればとても苦くて苦しいモノ。
だから、この世で一番不幸というのは、不幸と感じなくなってしまうことなんじゃないかな。
苦しみも悲しみも、痛みも嘆きも、全部笑って思い出せるようになるから。
忘れちゃいけない。
人は不幸を恐れるんじゃなくて、受け入れるべきだということを。
忘れちゃいけない。
幸福もそれ以上にやってくるから。
忘れちゃ…………

< 96/ 302 >