ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

鬼麟2

第二章
祐貴side

目の前にいる女の子は、本当に高校生なのか。
そう思いたくなるほどに、空気を凍らせる彼女。
もちろん、本当に凍っているわけじゃなく、比喩に過ぎない。
けれど、体感的に一度くらいは下がった気がした。
「あそこは……“雛菊”は今、レオを雇ってる。違う?」
もうすでに、教師と生徒で接する口調ではなく、お嬢と組員というふうに切り替えて話す。
妙に冷たさが目立つ。
「確信はありません。けれど、そうだと思います。じゃなければ、納得できない部分があるのでしょう?」
「少し、だけ。仮にそうだとして、蒼は関係ないと思う」

< 170/ 302 >