ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

まっ負けないもんっ!

あなたになんて負けるもんかっ!

〜愛梨〜

「ねぇねぇ〜ゆうや♡今日遊ぼうよ〜♡」

「おう!いいぜ理沙となら//」

「きゃぁー♡大好きゆうや〜」

「俺も好きだぜ〜♡」


今起きていることが読んでいただいている方にわかるかしら…

現在彼氏の浮気目撃中…っていってももう軽く何十回も、見てるけど…私はか弱い女子じゃない…こんなの平気なはず…


「はぁ〜」

「こらこらため息そんなについてた可愛い顔が台無しだよ!愛梨ー」

「理沙ーだってまただよ〜ってか私可愛くないし〜理沙の方が可愛いし♡」

「はぁ〜これだから…ってか愛梨!祐也君のこと誘いに行かなくていいの?」

「言ったってさっき遊びの約束してたしー!!」

「だけど…言ってみれば?試しに」

「はぁ〜そうだよね負けないもんね!…行ってくるね!」

「行ってらっしゃい!」

そしてトコトコと女の子にかこまれている祐也のところに行った

「…ゆっ祐也!」

「あ?なんだよ」

思いっきり態度違うし…

「そんな言い方しないであげてよ〜一応彼女なんだよ〜ゆーや♡」

「はっ?こいつが彼女ねwありえねw」

えっ…

「うわぁ〜ひっどーいゆーや彼女さんが可愛そうじゃんw」

そっか…そうだよね

「あっあのね祐也今日一緒に帰れない?」

「は?無理」

「そっそっか…」

「ってかもう誘わないでもらえる?うざいんだけどそういうの」


「っ!…」

そうだったんだ…

「祐也ひどーい」

祐也の周りにいる女の子がいっせいに笑い出した

私はフラフラと優奈のとこらに戻っていった…

「おっかえりーどうだったー?愛梨!?」

「っ…ヒクヒクうぁーーーーーーん優奈ー!」

「えっ?!愛梨!ちょっ場所移そう!」

「うん…ヒクヒク」





< 1/ 1 >