ケータイ小説 野いちご

天空のエトランゼ〜花のように美しく儚い炎

指輪

「すべてが終わったね…」

微笑むあいつに、あたしは頷いた。

「すべてが幸せになる訳ではないけど…皆が生きていける世界になったと思う」

あいつの笑顔に、あたしは見つめることができずに、少し目線を逸らしながら、頷いた。

「そ、それは仕方がないだろう。種族が違う」

「だけどさ」

あいつは、何かを外す仕草をしながら、あたしに近付いて来ると、あたしの左手を掴み、少し上に上げた。

「君と出会ってから、ずっと僕の手にある…指輪」

外したのは、指輪だった。

「この指輪は、君にこそ…相応しいよ。アルテミア」

あいつはやさしく微笑みながら、あたしの左手の薬指に指輪をはめた。

「愛してるよ。アルテミア。例え…君が魔王で、僕が勇者だとしても」

「あ、赤星」

自分でも、顔が赤くなっていることがわかった。

「ティアナさんとライさんのように…立場が違っても、愛し合えるはずだよ」

「赤星…」

幸せから震えるあたしを、赤星は抱き締めた。





なのに…。

今のあたしは、冷たい玉座で独り…座っている。

「アルテミア様…」

配下であるサラとギラに伝えた。

「人間を終わらそう」









「ふざけるな」

見た目…小学生に見える阿藤美亜は、苛立ちを露にした。

路地のゴミ箱を足で蹴ると、美亜は歩き出した。

「赤星浩一は死んだ」

「魔王…アルテミアに殺された」

人々の噂話を聞きながら、美亜は歩いた。

そして、足を止めたのは…いかがわしい店の前だった。


「わかってます?」

テーブルの向こうで、革張りのソファーに座る支配人が溜め息混じりに言った。

「ここは、気持ちを売る店ですよ」

支配人は、前に座る美亜の左手を見た。

< 1/ 2 >