ケータイ小説 野いちご

敗者復活戦~純情~

前半戦
佐藤 守


あぁ…やっちまった…

俺は佐藤 守。いったいどーなってんだ。もう人を三人殺した。味方も一人は死んだ。残り五グループ?いけるのか?

ああ、とりあえず前田には会いたくねぇな。あいつは絶対強いからな…。

でも、結局あっちまうんだよな…。

あいつとは野球でバッテリーくんでてな。期待されてたわ。今思えば、なんて楽しかったんだろう。まさか殺し合うことになるなんて。奥に前田が見える。

これも運命か…。

「よぉ…そっちもやりあったみてぇだな…」

声をかけてみたが、相手はもう手を剣に添えている。

「あぁ、やり合いたくねえのは皆同じだが、仕方無いのかな…これは…。」

俺は緊張していたが、

「前田…。今まで楽しかったよ…。」

言葉が思いつかないな。こういう時。

「これからも宜しくな。」

前田の一言で、何か緊張がほぐれた。
何終わりだと思ってたんだよ。俺らはずっと友達だ。

「よし。行くぜ。最高の相棒!」

俺は前田に斬りかかった。

< 7/ 17 >