ケータイ小説 野いちご

愛すと殺すと

千晶のライバルを努めるにあたって
それぞれの作戦


◇◇◇


ガヤガヤと相変わらず煩い喧騒に包まれながら、いつもの文句を口にする千晶。



「陽、愛してるよ!」



嬉しそうに言うが、今は朝っぱらである。


教室の前でいつもの儀式。



それは2月に入っても変わらなかった。



「ねえ陽、浮気しないでね?」

「はいはい」

「あとお昼、御約束ね?」

「あ、昼はちょっと先生に呼ばれてて…」


む、と明らかに機嫌が悪くなる千晶。


「千晶も一緒に行こう?」


「…でも…」


「大丈夫、千晶はいい子だろ?」


「…ん」


尻尾が垂れてるのが見えたから、頭を撫でてやる。


「あーん、してね?」


「よしきた」


「へへ、陽大好き」


満面の笑みを見せられる。


キーンコーンと鐘がなり、あと二回でHRが始まることを告げた。



「じゃあ、千晶」


「じゃあね」


名残惜しさMAXで別れた千晶を尻目に、教室に入っていく。

< 55/ 243 >