ケータイ小説 野いちご

愛すと殺すと

番外編(でも番内編)


◇◇◇



それは、バイト帰り。

暗くなった道を寮に向けて帰ろうとした時に起こった。



「見つけたぁあああああっ」



女の叫び声が聞こえて、学校の裏にある神社から何者かが飛び出してきた。


ヒュンッと風を切る音に、

のし掛かる重力。




それは肩と首を狙ってきた。


一回抱きついてから、そいつはパッと離れて手をつかんできた。


「逃げるです!」


「は!へ?ほ?なっ…」



手首を捕まれ、なぜか校舎裏に引っ張られた。


暗くて見えないけど、長い綺麗な緑がかった茶色の髪の毛と、白いスカートから女と推測。

たぶん叫んでたやつだ、きっと。


千晶ではない。

千晶は黒髪だし。


「肌質が違う」


「え、何言ってるですか!?」


女らしい、決め細やかな肌だ。

いや、千晶もそうだけど、こっちはもっと手入れされてるというか。


THE・女って感じ。


< 144/ 243 >