ケータイ小説 野いちご

愛すと殺すと

千晶のライバルを努めるにあたって
崩壊。

◇◇◇


無人。

なんと見事な。


ちらりと時間を見て、さっき確認してから10分しか経っていないのに苦笑した。


「布留、お前さっきから時間気にしすぎぢゃね?」


隣のチャラいチャラい先輩、通称パイセン先輩に、声をかけられる。


「今彼女の部屋に人間がいるんですよ」


「おま…浮気認めてんの!?」


違います。


金色の髪はもうプリンになっていて、チャラいの丸わかりなこいつ。

俺より3際年上で、だいたい20。

毎日必死にニートやっている大変尊敬できるパイセン先輩だ。



ただいまバイト中の俺らがしゃべっていいかと言うと、冒頭で述べた通り客も何もいないからいいという回答になる。


「しかし…本当に彼女とラブラブだなぁー

同棲なんて、毎日の夜の仕事が辛そうだけど…」


「何いってるんすか」


セクハラで訴えるぞ。

< 105/ 243 >