ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ピュアなお前に甘めのKiss*

♡宮野くんが私のお家に…!



「じゃあ、全部解決したんだ?」


「うん、何とか」


次の日の朝

私は未来ちゃんに昨日の事を話した。


「本当、良かったよ〜

あんた達全然しゃべらないから

もうダメなんじゃないかと思って……」


「心配かけてごめんねっ!」


本当、私ももう別れることになるって思った。


「でもさぁ!華の方のお弁当選ぶとか愛だよねぇ〜

2人の愛が深まってるって感じするんじゃないの?」


「えへへ〜少しする〜」


ニヤニヤしながら答えると、未来ちゃんは私の肩をバシバシ叩いて


「羨ましい~」

と言った。

< 116/ 319 >