ケータイ小説 野いちご

グロテスクな選択

わたしの選択




ある日のことだった。




わたしはいつも通り仕事を終え、

帰宅をした。




帰宅してすぐのことだった。


ーープルプルプル、プルプルプルーー

誰だろ?

「はい、もしもし?」


「あ、俺。今から俺の家に来て欲しい。」

彼氏の斗真からだった。
どうしたんだろ?急に改まって。


「うん、分かった。」

そしてわたしは急いで彼の家へと向かった。


< 3/ 21 >