ケータイ小説 野いちご

グロテスクな選択

そして‥‥‥






『チュッ‥‥チュッチュッ‥‥‥‥チュッ』



リップ音‥‥‥。


斗真のクチビルとわたしの唇が

重なった音‥‥‥‥。



わたしは毎日毎日、斗真のクチビルに


キスをする。




あなたのクチビルだけが、





わたしの
























イキガイ。









END

< 17/ 21 >