ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

本当に大切な物-短編18ページ-

何よりも大切な物

私はその子の話に強く心をうたれた。

「私はまだ、このまちの事も知らないし、
 みんなのことだって。
 だからこれからなじんでいけたら
 って思ってる。
 あ、私の事は「奈々」ってよんで
 !これからもよろしくね。」

「うん!」

そうか、そうだった。

ここが例え東京じゃなくて、田舎でも。
だってそれは、

私がこのまちを
好きになれる理由は























簡単じゃない!































私の育ったまちだから!!

< 18/ 18 >