ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

俺様男子に誘拐された件

第二章 優しさに甘えて。
陸side Ⅰ


○陸―RIKU―side○


6限目の授業を終えてから珠々を連れて教室を出た。



「あたし、もう道覚えたよ?!」


「あぁ、そうかもな、でも乗って帰れ」


「ちょっ、強引!!また誘拐する気?」


「誘拐なんか一回もやってねーっつの」


「あの時自分から誘拐って言ったくせに…」


「あ?なんか言った?」


「い、いえなにも…」



しぶといな今日は。


また襲われるかもしれねーってのに。


そう思いながらも珠々の手を引っ張りながら廊下をズンズン歩く。

「あの……」


「まだなんか言う気か?」


「ちがっ…あたしはそこまで鬼じゃない!」


「ちょっとは鬼ってことね」


「むっ………。もういいし。お礼しようと思ったのに……」



え、お礼?


「ふがっ!…ちょっと、急に止まらないでよ〜」


「お礼、してくれんの?」


「…………………」



首かしげて聞いただけなのに、



なんでこいつ…こんなに顔赤くなってんだ?



「し、し、しないしー。車乗るしー」


なんだその照れ隠し。



か、か、かわ………



いくねぇ~し別に。



< 118/ 277 >