ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

俺様男子に誘拐された件

第二章 優しさに甘えて。
この気持ち…




「……ただいま」



帰りづらかったけど…他に帰る場所なんて無いし…



帰ってきた。




「珠々っ!?」


陸が焦ったように出てきたからびっくり。



「はぁ〜…心配した…」


「え、心配…?」


「……めめめ、飯つくれ!」


「あっ、うん」



心配……してくれてたの?



なにそれ、
 

 

 


嬉しいんだけど。





< 102/ 277 >