ケータイ小説 野いちご

ー 遥彼方 ー 新選組と共に……

禁門の変




  7月19日 長州藩と幕府側が京都御所の蛤御門で戦闘を開始。新撰組も幕府の命で出動した。

  伏見からの侵入ルートとなる竹田街道を警備。

  
  山南、総司は史実通りなら禁門の変には出ていない。

  これは……史実を変えられるかも……

   心身ともに絶好調で戦に臨む遥

  総司「絶対に離れるなっっっ!」

  遥「良かろう!!!」

  総司「黙れっっっ!!!」

  遥「何だよ……側にいてやるって!」

  総司「その口何とかしろよ」

  遥「総司って、刀持つと性格変わるよね」

  総司「黙って斬れ!」

  遥「はいはい」

   ザシュ ブシュ カキン カキン

     返り血が目に入った

   目を擦っていると  シュンッ!

  烝のクナイが顔すれすれで横切った

  烝「アホ!! なに考えてんねん!

    死にたいんかっっっ!!!」

 真後ろの敵の眉間にクナイが刺さっていた 

   遥「返り血が目に入って……

    ありがとう!助かった」

   カキン カキン カキン グサッ!

  総司「返り血なんて…どうでも良い!」

   遥「見えないし……目を瞑って刀振るええってか!!!」

  総司「邪心を捨てろ!!!」

   遥「……………………………………

           総司を?」 

     ガキンッ!!!

   
   総司「何っ?私は邪心だと…?」

   遥「どわぁっっっ!!!私味方っ!

  危ないなぁ!!! 刺さったら死ぬからね? 痛いからね?」


     ガツッ!  ガツッ!

   
   遥「いだぁーーーーーーー!!!」

   土方「おめぇら何遊んでんだ!」

   土方の柄で遥と総司の頭を叩かれた

  総司「遥が私を邪心だと言ったんです」

  遥「邪心を捨てろと言うから総司かと聞いただけだっっっ!!!」

   カキン カキン ザシュ ブシュ





< 81/ 411 >