ケータイ小説 野いちご

ー 遥彼方 ー 新選組と共に……

遥の日常



   
  土方にだけ、先を話した遥は、その日から変わり始めた………

  私にすべき事を土方に任されたからだ

  一、総司を労咳にさせない

  一、山南さんの相手をし、居場所を作る

  一、敬語禁止令


   遥「総司、これ、水で飲み込んで」

  総司「何ですか? これは………」

  遥「マルチビタミンとビタミンC。

   疲れてそうだから、元気になるよ?」

  総司「そうなんですか?」

  遥「水を含んで上向いて?」

    総司は上を向いた

  遥「口開けないと入れられないんだけど

     アーーーーーン」

  総司「アーーーーー」ガラガラガラガラ

  遥「黙れっっっ!!!」

      ポイッ!!!

  遥「はい!水と一緒に飲み込んで!!!」

  総司「(ゴックン)の……喉に……詰まってる……」

  遥「水水水!沢山飲んで!!!」

  総司「はぁ~~~~。死にそうでした」

  遥「ご苦労様でした。また夜飲んでね。

         一日二回………………」

  総司「え~~~~~~~~…………」

  遥「文句言うなら同室解約ね……

    違約金は焼酎で良いや…………」

  総司「飲みます。飲めば良いんでしょ?」

  遥「良かろう」

  総司「何様ですかっっっ!!!」

  遥「はい!仕事仕事ぉ!!!」

  総司「聞いてる?」

  遥「ナニヲ?」

  総司「もう良い!行くよ!!!」

  遥「うん」



  
    ーーーーーーーーーーーーーー





< 56/ 411 >