ケータイ小説 野いちご

ー 遥彼方 ー 新選組と共に……

過去




   ドンドンドンドンドン


  遥「は……え? 家? ……………


    っっっ!!! 銃!!!


    健………………ヒロ……………」


  ダンダンダンダン  ダンダンダンダン


 「開けろーーーーーーっっっ!!!」

  
 「開けないとぶち壊すぞっっっ!!!」 


  「開けなさい!!!」


    カチャカチャ ギーーー


     スッ!


   刀を喉に付けられ口をふさがれた


  「ご用改めです。刃向かったら殺す」


     コクコクコクコク


      手を離すと 


  遥「何なんですか! 家荒らしたら殺すよ? 泥棒!!!」

  「盗っ人じゃないから……」

  遥「じゃ~何でっっっ!!!」

 「急に屯所を破壊して庭に落ちてきた

  どう考えても、あなたの方が怪しいよね」

  遥「は?え? 全く意味が分からない」

  刀は首に当たってる…ツツツー

  血が垂れてるのかな……何?……

   
    どうなってんの?


  遥「殺すならさっさと殺せば?」

   「無闇に人は殺さない……」

  遥「何でそんな格好してるんですか?」

   「は?」

  遥「着物ですよね?それ」

   「着流しです。あなたの格好の方が可笑しいでしょう………」

  遥「あぁ…そうですね…迷彩服なんか見慣れないですよね……」

   「……………………………………?」

  遥「何故、私に刀を向けるんですか?」

   「襲いかかられないように」

  遥「あなたが襲ったんですよね…」

   「……………………………………」

  遥「首……痛いです……」

   「もう少し待って下さい………」

  遥「……………………………………」


    ーーーーーーーーーーーーーー


   バタバタバタバタバタバタ


  「どうなってんだ?見たこともないもんばっかりだ! 他に人はいないみたいだ

     武器はこれだけか…………


     お前…ちょっと来い……」


   広いリビングに連れて行かれ、

     手足を縛られ倒された





   

  




< 4/ 411 >