ケータイ小説 野いちご

ー 遥彼方 ー 新選組と共に……

池田屋事件




   遥「総司。お願いがあるんだけど…」

   総司「はいはい。何ですか?」

 遥「これから外出るときは必ず此付けて」

   総司「何ですか?」

  遥「マスクと言って、体に菌の侵入を防ぐ物です」

  総司「私は病気になるんですか?」

  遥「はい」

  総司「何の病気ですか?」

  遥「兎に角!!!絶対外すな!!!」

  総司「……………ハイ………………」

  遥「外したら…いくら酒に呑まれて幹部全員と寝てもお前と寝る機会は一生ない」

  総司「一生はずしません!!!」

  遥「甘味処でも。島原でも!!!」

  総司「クスッ! 分かりました」

  遥「破ったら…銃返して貰うし…洗濯してやんないし…話さない!」ポロポロポロ

  総司「外さないから……泣かないで…」

       ギュッ!

  遥「理由も聞かないで…」

  総司「はい…」

  遥「なら…良い…マスクの換えが余りないから…大事に使って…」

  総司「はい…じゃあ…こちらの条件は…

       同室………………………」

  遥「良いよ…でも、酒に呑まれても部屋に戻らなくても文句言わないで」

  総司「……………………………………

     私が見張ってますから………」

  遥「交渉成立」

  総司「はい。荷物取ってきます」

  
   ーーーーーーーーーーーーーー


  

  

  

   

< 37/ 411 >