ケータイ小説 野いちご

壬生狼の花

第一章
新しいお客様












文久三年、二月二十三日 京




「いらっしゃいませ!」




新しく客が入ってきては店の中を駆け回る。
京の町にあるこの小さな甘味処はお客が絶えない。

もっともほとんどが常連客だが
私は今日も初心を忘れず手厚くもてなす。




「今日も頑張ってるね~伊勢ちゃん
団子三つお願い」




「ありがとうございます!」




優しいお客様、美味しい甘味、
甘味処は今日もいつもと変わらずにぎわっていた。




「お待たせしました」




頼まれた団子をコトリと置けば、
「そういえば伊勢ちゃん知ってるかい?」
と始まる長屋の大家さんの世間話。

ちょうどお客さんの接待に余裕が出てきたので聞くことにした。




「どんなお話ですか?」




「実はね....壬生の狼共がこの京に来るんだとさ!」




そこまで聞いて私は小首を傾げる。
「壬生の狼」とは何かと聞けば、大家さんはひどく驚いた顔をした。




「ええ!壬生の狼を知らねぇのか!
ここらではもうこの噂で持ちきりだぞ?」




確かに最近のお客様の世間話に耳を傾ければ「壬生の狼」のことばかりだった。

さしてあまり興味がなかったので私は気にもしなかったが....、
ここらで持ちきりとあれば聞いておいて損はなさそうだと思った。




「壬生の狼って....狼がどうかしたんですか?」




「ああ、違うんだよ
壬生の狼とは言うが実際は人間の連中だ

壬生浪士組と名乗っているらしいんだがね
これがまた強いのなんのって」




強いという単語に私は体を震わせた。
「壬生の狼」などという二つ名ができているのだから相当な手練達なのだろう。





< 1/ 79 >