ケータイ小説 野いちご

俺を嫌いになればいい。

もう戻らないあの日々






***





わたしが“飛鳥”を知ったのは



中学3年生の夏だった。






< 83/ 309 >