ケータイ小説 野いちご

俺を嫌いになればいい。

誰にも言えない







いつかは、聞かれると思っていた。


***






< 44/ 309 >