ケータイ小説 野いちご

異国の王子様

出会って恋するのに時間なんているか?
狼の求愛



「ただいまぁー。」


時刻は10時。

あ、もちろん夜のね!


家に帰り着いたあたしは、
倒れこむように部屋のベットに寝転んだ。


「みいちゃーん?
帰ってきたのー?」


お母さんの声がするけど返答する気にもなれない。
そのくらい今日…というかこの三十分間で
おきたことは衝撃過ぎた。


キャパオーバーってやつだ。



このまま寝てしまおうと思って
ぎゅっと目をつぶる。




ーーー。


『俺は、お前が好きだ。』







思い出さない思い出さない。





『俺の女になれ。』




忘れろ忘れろ!!



『好きになるのに、時間なんか必要か?』







「なんで頭から離れないのぉぉぉ!?」



< 27/ 32 >