ケータイ小説 野いちご

異国の王子様

出会って恋するのに時間なんているか?
私生活




ーーーーキーンコーンカーンコーン



チャイムがなり、先生は残酷な死刑宣告

「今週の週末課題は数学のワーク
120〜153までなぁー!」


と元気よく言って教室から去っていった。



…………………。




シーンと静まり返る教室。


が、誰かが「購買行こうぜ!」


とか言ったために、昼休みという至福のひとときに
一旦逃避行することにしたクラスメイトは
ぞろぞろとそれぞれ食事をとるべく動き出した。



一方あたしはそんなのもあまり耳に入らずに

はぁー

と本日何度目かのため息をついた。



「また狼男のこと考えてんの?」

「なぁつぅーん。」


お弁当食べよ

なんて言いながらあたしの席にやってきた
親友なぁつんこと井上七海(イノウエ ナナミ)。

長い黒髪のあたしとは逆の
茶髪のショートヘア。
切れ長の瞳で、身長も高く、
ざ、おとなって感じの美人だ。



ぶーっとほっぺをふくらませながら
スマホを取り出し画面を見る。


「もう4日目か。」

同じようにスマホを弄りながら
器用に弁当箱も開けるなぁつん。



やっぱり大人だ。うん。

< 11/ 32 >