ケータイ小説 野いちご

保健室の甘い時間

彼女失格?

そして、放課後――…


『終わったら、そのまま保健室で待ってて』


吉岡先生から、そうメールがあった。


仕事を終えた私は、吉岡先生を待っている間に母親に電話をする事にした。


プルルル プルルル……


『もしもし』

「あっ、お母さん?」

『美咲?どうしたの?』

「あ、あのね……、お見合いの事なんだけど……」

『いつ帰って来れるの?後は日にちを合わすだけだから』


あぁ、やっぱり……


「ねぇ、お母さん……。今さら“お見合いしない”って言ったら怒る?」

『えぇー!!もう話進めているのにー』


だよねぇ……


母親は少し拗ねた口調になる。


「ごめん。でも、私、ちゃんと“お見合いする”とは返事してないし……」


だから、私はちょっと反抗してみる。



< 53/ 126 >