ケータイ小説 野いちご

星使いの少女

一章 編入しました!!
少女



「この世には、《星使い》というものが存在する。今から約4000年前、人々は生命の危機に脅かされた。その時、一人の少女が現れた。少女は星の精と契約し、世界を危機から救った…」



一人の少女は本を読んでいた。



「世界の危機ねぇ……

そんなこと本当にあったの?」



『さぁ?私もわからないわ』



「ふーん…」



< 3/ 197 >