ケータイ小説 野いちご

情けなくても君がいい

2章*自分物語。



貴女のことが大好きでした。

本当に本当に、好きでした。

行動が早すぎたり
遅すぎたり

どうもリズムが合わなくて。

“兄妹”っていう印象が強すぎて。

もう傷つけたくなくて。

でも、傍にいて欲しくて

マンガやドラマのような
君が望んだ結末は
僕等には訪れなかったけど

自分は、貴女に恋をして幸せでした。

< 6/ 26 >