ケータイ小説 野いちご

放課後は、図書室で密会

文化祭でコクハク





茅side



8月後半の私は半分死んでいるようなものだった。





環方くんに会えない!!



会いたい!!



でも会いたいなんて言ったら「好き」って言ってるのと同じじゃん!





環方くんから誘ってくれないだろうか……。


って期待してみたりもしたけど、

お見舞いの日以来、誘われることはなく……。



環方くんはホントに私のこと好きなの!?





< 101/ 271 >