ケータイ小説 野いちご

放課後は、図書室で密会

密会のお約束





茅side





高校入学初日、

1年女子の間で、

あるルールが作られた。





『環方くんに告白するの禁止。』




『環方くん』というのは

同じクラスの環方 咲哉くん。

少しウェーブのかかった黒髪に、切れ長の目。

モデルみたいな体型で、甘い声。


入学初日にも関わらず、彼の虜になった女子は数知れない。



そういう私も虜になった1人だったりする……。



そのため、環方くんが誰かにとられないようにするための安全策が講じられたのだった。




< 1/ 271 >