ケータイ小説 野いちご

初恋

出会い


「やめ。」



教室に若い男性教師の声が響いた。



「以上で試験はすべて終了です。静かに退室してください。」





『入試会場』と書かれた紙を見て



「落ちたかもな…。」


思わずそう呟いた。



落ちたらどうしようか。


案外、そんなことを落ち着いて考えられる自分がおかしかった。



そんな時だった。


「心愛ー?」


『ここあ』?犬か?


そう思ったのに、意外にもその言葉に近くの女が返事をした。


「ごめん!今行く!」



心愛と呼ばれた女は、少し背の低い童顔の女だった。

黒髪ロングのストレートヘアをさらりとなびかせて走る彼女を俺はただ眺めていた。

< 2/ 16 >