ケータイ小説 野いちご

初恋

想い


心愛の家に着くとすでに心愛は家の前に出ていた。





「椿っ…来てくれたんだ。」




「そりゃ来るだろ。」






「うん。」






あぁ。


そうやって微笑む君だから大好きなんだ。





「あのね、」





そう言って彼女は手を差し出した。





その手には…





「誕生日おめでとう。」






そういえば今日は俺の誕生日だったな。





「誕生日知っててくれたんだ?」





「大輝くんに聞いちゃった。」






そう言って君はまた笑う。







「ありがとう。開けてみていいかな?」






俺は綺麗な包みをそっと開ける。





「これ…」





「あのね、」





そう言う君の胸元にも、俺が今手にしているものと同じものがあって、太陽の光を反射して輝いている。





大輝。



やっぱり、お前の言う通りかもしれないな。




現に今の俺はとっても幸せなんだから。




このままずっと君と一緒に過ごしたい。






「心愛…好きだ…。」






君は一瞬驚いた顔をしたけど、すぐにいつもの笑顔でこう言ったんだ。





「私もだよ。」





知ってるさ。





俺のことを大切に想ってくれてることだって、よくわかってる。





でも、俺は君以上に君のことが大好きで、誰よりも君のことを大切に想ってるんだ。




「ずっと大好きだよ。」

< 14/ 16 >