ケータイ小説 野いちご

【完】籠球ロマンティック

1st time
勝ったらダメな1on1

体育が終わり、その後の現代文の授業が終わり、放課後。


水泳部である佳那汰はせかせかと準備し、反対にバイトが休みな俺はゆったりと帰り支度を調えていた。


「じゃあ俺部活だからお先ー」


「おーう、じゃーな」


すっと立ち上がった佳那汰はショーとボブの黒髪に天使の輪を携えて爽やかに立ち上がる。


……が、急いでたくせに、席を立ったままの体勢で、教室の黒板側の入口を凝視した。


「おい、どうしたよ」


「……じーかっぷ」


「あん?」


何だって?カップラーメン?言って声が小さすぎて分からなくて、取り敢えず凝視している先に視線を動かしてみる。


「……おぉ、成る程。カップラーメンじゃないな、カップ数言ったんだな」


佳那汰と俺の視線の先には、気の強そうな大きな瞳を持った、童顔の美少女がいる。


……というか、ぶっちゃけ顔もロリ系で可愛いけど、視線の先に映っているのは顔というより、その小柄な体に搭載された、柔らかそうな双丘、つまり、乳である。まぁ年頃の男子ですし。


あれは、クラスの男子でこっそり噂していた学年一の美少女ロリ巨乳、皇律子(すめらぎ りつこ)じゃないか。

< 14/ 388 >