ケータイ小説 野いちご

【完】籠球ロマンティック

prologue




体育館とは違う、もっとギラギラとした光と、クラブミュージックが飛び交うその非日常。


ハーフコートの、ワンゴールだけ立つその場所で、俺と相手との一対一のぶつかり合い。


「レェェン!」


後ろからリッコのドデカイ声を受け、右足の後ろからボールをダム、と通して走り出す。


鋭く右に切り込めば、相手も俺の手元のボールを狙い、鋭く、素早くディフェンスの腕を伸ばした。


……かかった。


思わず唇の端が吊り上がりそうになるのを抑え頬を引くつかせ、そうしながらも、俺は左手と尻から下の体の部位を全てフロアに乗せて、左手を軸にぐるり、とブレイクダンスを踊るように軽やかに回る。


その、俺の見事に決まったスリッピンスライドに、観客の声援が響き渡った。


もう何も、俺を止めるしがらみはない。あの小さくて、だけど大きなゴールへ一直線に進んで行く。


その光景は、やはりあの頃よりも酷く輝いていた。

< 1/ 388 >