ケータイ小説 野いちご

私の彼氏は無関心な僕系男子

ちょっとは頼って



「あ~つ~い~」



もう季節は初夏。



梅雨も終わってもう7月。




衣替えしたとはいえ、暑さはあまり変わらないのが事実。





「あっ!島野アイスもってんじゃん!」





島野と付き合って1か月くらいたって、島野と過ごすにも慣れてきた今日この頃。





「自分で買ってよ」



「えぇー…」





島野も最初のころに比べて話す回数が増えたと思う。






今はちゃんと会話もできてるし、それに何も話さないでただそこにいる空間ってのにも、慣れてきた気がする。









「ちょっとだけ!ちょっとだけだから!」




島野の左手にはカップ。


そのなかにはバニラアイスが。






< 53/ 292 >