ケータイ小説 野いちご

私の彼氏は無関心な僕系男子






「…ふふっ」



あの初デートから3日がたち、携帯の待ち受け画面をみてニヤニヤする私。




そう。あのときの2ショット、本当に待ち受けにしちゃったんだよね。






だって嬉しかったんだもん。






……でもこんなこと島野に知られたら恥ずかしさで死ねる。たぶん。




「…この間からなんなのよ…携帯眺めてニヤニヤして…」



そんな私に、純香もあきれてる様子で。





「…だって、だってだよ?」




「はいはい。わかったわかった」





自分でも自分の顔がにやけまくってるのがわかる。








< 235/ 292 >