ケータイ小説 野いちご

私の彼氏は無関心な僕系男子

僕の彼女は





「ど、どうしたの?結愛顔死んでるけど」





「気にしないで…」







昨日のことが気になって、少ししか眠れなかった。





『花風さんおかしいよ』







「はぁ……」






「ったく。気にしないって方が無理だから






なんかあったら言いなさい。これ催促じゃなくて命令だから」







「純香……」






純香の優しさに、目から温かいものがあふれてきた。





「ゆっ、結愛!?」










「どうしよう…私、わかんないよ…」













< 105/ 292 >